ポケットwifiの通信で欠かせないSIMカード

ポケットwifiを使うと、通常ではインターネット接続ができない場所でも通信事業者の基地局と通信しインターネットサービスが利用できます。
スマートフォンなど携帯電話ではおなじみの通信方式であるものの、その通信ネットワークをパソコンやゲーム機のようなwifi機能を持った情報端末からでも利用できるのが便利です。

 

このようにポケットwifiは通信事業者の基地局とのデータ通信を行う性質から、内部にSIMカードを装着して使用します。
SIMカードには利用者を特定するための情報が記載され、利用時にカード内のデータが参照されます。

 

通信事業者との契約時にポケットwifi用にSIMカードが発行されるため、通信サービスの利用前にまずは本体への装着が必要です
また差し込み方が悪い場合や端子の接触不良を起こしていると、正常にSIMカード内の情報を読み取る事ができません。

 

その場合、ポケットwifiの通信機能が働かないと共に、画面にSIMカード読み取りに不具合がある事を知らせる警告が表示されるため注意したい事柄です。
正しくSIMカードを挿入すると共に、カードや端子の汚れや破損がないよう扱いには十分に気を付けなければなりません。

 

ポケットwifiは持ち運びに便利なため、SIMカードの紛失には気を付ける必要があります。
SIMカードが不正使用されると、不利益を被る事も可能性として考えられます。

 

場合によってはSIMカードが犯罪に使われるケースも想定できるため、責任を持ってSIMカードの管理を行う心掛けが欠かせません。
もしポケットwifiやSIMカードの紛失が明らかになった場合には、契約している通信事業者に連絡して利用を停止してもらう迅速な対処が不可欠です。