こんなに便利!ポケットwifiとは何か

動画や音楽など大容量のデータをやり取りするスマートフォンが普及したことにより、光ファイバーなどの固定回線とつながった無線LANが整備されるようになりました。
コンビニでも無料サービスが提供されていますが、より簡単に利用できるのはポケットwifiです。
専用の機器を持ち運ぶことで、高速インターネット回線とスマホを接続することができるのです。

 

ここで「ポケットwifiも無線通信なのに、なぜ元々無線通信を行っているスマホと無線LANで接続する必要があるのだろうか」という疑問が浮かびます。
その答えは、スマホとは異なる方式で通信を行っていることにあります。
現在、ほとんどのスマホはLTEと呼ばれる方式で通信していますが、ポケットwifiの中にはLTEではなくWimax方式の通信を採用しているものもあります。

 

LTEもWimaxも、通信速度は最高で200Mbpsとほぼ同じ値です。
ただし、Wimaxのポケットwifiには月にいくらデータを使っても速度制限がかからないものもありますし、制限されても6Mbps程度にしかならないものも多いというメリットがあります。
また、全国の約94%のエリアで利用できるという電波のカバー率も魅力です。

 

スマホでは手軽に通信できる一方で、油断しているとすぐにデータ量が上限まで達してしまいます。
そこで、メールやメッセージアプリなどデータ量が少ない通信を行う時はスマホの回線を使い、動画や音楽サービスを利用する時にはポケットwifiで接続するという使い分けが便利です。

 

ポケットwifiと一言でいっても、スマートフォンと同じように各社がサービスを行っており、料金も異なります。
自分に合ったプランを見極めることが重要です。