ポケットwifiは、スマートフォンのように通信エリア内でデータ通信が可能な通信機器の一つです。
ポケットwifiの場合、他のwifi通信が可能な情報端末の中継機としての役割を持ちます。

 

ポケットwifiは無線の通信機であるため、使用する事ができる電波は重要なスペックとして注目できます。
カタログスペック内で注目できるのが、対応周波数の違いです。
周波数の高低により、それぞれに電波の性質に違いが表れます。

 

周波数が高いと一度に多くのデータを送受信できる利点があるため、短時間に大量にデータ通信を行いたい場合に向いています。
一方で周波数が低い電波は、障害物の影響を受けにくいメリットを持ちます。

 

電波は光のように直進するだけでなく音のような性質を持ち合わせていて、周波数が低いと狭い場所にも電波が届きやすくなる利点があります。
そのため、低周波数での通信ができるポケットwifiであれば、他の周波数態では接続が難しい場所でも通信が可能です。

 

このように、速度重視であれば高周波数に対応したポケットwifiを選び、室内など障害物の多い場所で使用する予定があるなら、低周波数をカバーしたポケットwifiが向いています。
また電波のつながりやすさを改善するには、できるだけ電波が受けやすい場所を選ぶ心掛けも大切です。

 

室内でのポケットwifiの利用で通信接続が頻繁に切れたり、あるいは通信速度が著しく低下する場合には、窓際にポケットwifiを設置すると電波が受信しやすくなります
屋外での利用でも、周辺にビルなどの建物が通信の妨げになっていないかどうか気を配りながらポケットwifiを利用すると、通信環境の改善に効果があります。

 

固定回線不要のポケットwifiとは

ポケットwifiとは、自宅に固定回線が無いという人でもインターネットを利用できるサービスです。
どこにいたとしても、端末を持ち歩くだけで自宅でのインターネットと同じように通信機器を利用出来るというメリットがあります。

 

固定回線を利用している場合には、インターネットの利用は自宅でしか行えません。
しかし、ポケットwifiの端末を持っていると電波を受信できる場所であればどこでもインターネットを楽しめるようになります。

 

また、パソコンだけでなくスマートフォンなどを利用している人にとってもポケットタイプのwifiを利用するメリットはあるのです。
通信にwifiを利用する事が可能なスマートフォンを持っている場合には、ポケットwifiの回線を利用して高速通信を楽しむ事が出来るようになります。

 

ポケットwifiを利用する場合には、毎月決められた金額を通信会社に支払う契約を行うのが一般的ですが、普通のインターネット契約に比べて安価で利用出来るのもメリットだと言えるのです。
持ち運びが出来るタイプの端末であっても、高性能化が進んでいるために、普通のインターネットページを閲覧する分には何も問題なく利用できます。
また、インターネット上の動画を見る場合にも、高速通信を行えますので、動画観賞において不満を感じる事は少ないでしょう。

 

契約においても、普通のインターネット契約に比べて迅速であり、工事をする必要が無いという点において人気を集めています。
工事が必要な固定回線の場合にはそれまでの期間はインターネットを利用できなくなってしまうのですが、ポケットwifiを利用する場合には契約してからすぐにインターネットを利用できるというメリットがあるのです。

更新履歴